大阪市生野区・天王寺区・中央区・北区・西区・鶴見区・豊中市・東大阪市にある接骨院[あいメディカル]

あい・メディカルグル―プ

facebook

社員紹介

柴田 敦裕

PROFILE

柴田 敦裕京都医健専門学校 卒
平成27年4月 新卒入社
天王寺院 勤務

INTERVIEWインタビュー

01

他の接骨院との違いは明らか。ここでしっかり技術を身につける

甲子園の土を踏み、勝利を一つもぎ取ることができた陰に、チームお抱えの鍼灸師さんの存在がありました。野球一直線だった僕が、引退にあたり進路を考える上で、その鍼灸師さんに相談に乗ってもらうのは自然な流れでした。同じように、何かしらスポーツに関われる仕事がしたい、そんな想いの先に、鍼灸師という道があったんです。

そんな経緯で進学した針灸の専門学校を卒業するにあたり、同級生と連れだって接骨院をいくつか回ったんです。そのうちの一つが、あい・メディカルでした。一歩足を踏み入れるなり、他の接骨院との違いは明らか。こんなに活気があって、患者さんとの距離が近いのは初めてだったからです。ここで自分も一緒に働いてみたい、素直にそう思えましたね。

それに、将来的にスポーツに関わって行くにしても、いきなりトレーナーじゃなくて、レベルの高い接骨院でしっかり技術を身につけるべきだというのが持論なんです。なぜなら、トレーナーと接骨院では経験できる患者数が桁違いですし、大きな接骨院、さらに、あい・メディカルのように多院展開しているところならば、スタッフが多いから自ずと手本になる人も多いわけですから、成長が段違いなのは明白なんです。

02

ほのかな自信を確信に変える

実際、入社後の新人研修はすごく楽しいだけじゃなく、身になるものでした。和やかな雰囲気なのに、教わる技術レベルはとても高度ですし、それだけじゃなく、施術家としてのありかた・心構えといった根本のところまで意識させられるものでしたから。

研修で得たほのかな自信を手に、配属された院でしたが、早速試練の道を歩むことに。というのも、配属当初いた針灸師の先輩が院を去ることになり、急遽僕がすべての患者さんを引き継ぐことになったのです。その時は本当に必死でしたね。もう練習に励むしかないと、自主トレはもちろん、時には他の院の針灸師の先輩に教えを請いに、仕事終わり頼み込んで通い詰めたなんて時期もありました。その甲斐あって、夏にはたしかな自信を抱きながら、患者さんの施術に当たれるようになったと思っています。

03

プレッシャーもモチベーションに。やるからには上を目指す

そんな試練の道を歩んだのは無駄ではありませんでした。一年目の12月、社内の「新人王」と「針灸王」をダブル受賞したのです。一番多かった時期には一日平均40人の患者さんの施術に携わるほどでしたが、こうした多くの患者さん一人ひとり異なる悩みに向き合い、一切手を抜かず、仕事終わりにはへとへとになるほど全力投球した一年目が報われたかたちです。

さらに二年目の夏には、社内のMVPを獲得。これには上司である院長も思わず号泣するほどのインパクトで、同期や後輩たちに道を示すことができたと思います。「若くても実力次第でいくらでも活躍できる」というのを実証できたわけですから。もちろん、プレッシャーはありました。去年のダブル受賞以来、社内の試験などでも絶対に下手は打てないし、何より期待してくれているみんなをがっかりさせるわけにはいきませんから。とはいえ、そんなプレッシャーがモチベーションになっていたとも言えるかもしれません。

次の目標は、院長へのキャリアアップ。やっぱり一国一城の主になりたいじゃないですか。やるからには上を目指す、それがチャンスをつかむ唯一の方法です。実は、新人王獲得は、新人研修の合宿の段階で宣言していましたからね。そう、そんなチャンスとステージを用意してくれたあい・メディカルへの恩を、今度は僕が自分なりのやり方で返していく番だと思うんです。

SCHEDULE1日のスケジュール

08:40-09:40

掃除・練習

初めに院外、院内の掃除をします。また問診、手技の練習をします。

09:40-10:00

朝礼

スタッフ全員で施術理念の唱和、患者さんの申し送り、本日の行動目標の発表、気合を入れる円陣をして元気に患者さんを迎える準備をします。

10:00-14:00

午前診療

患者さんを迎え入れ施術します。院内は活気があり笑顔が絶えません。

14:00-15:40

昼休憩

午後の診療に向け、エネルギー蓄えます。

15:40-16:00

中礼

午後に来られる患者さんの申し送りをして朝礼の時とはまた違う円陣で気合をいれます。

16:00-20:00

午後診療

午後は更に多くの患者さんが来院されます。

20:00-21:30

終礼

オペレーションのすり合わせ、今日の院としての良かった点、改善点を振り返ります。

MESSAGE就職活動中の皆さんへのメッセージ

柴田 敦裕

あい・メディカルのメンバーは、掛け値なしに全員が会社想いであり、同時に仲間想いなんです。長年野球で全国の精鋭たちと戦ってきた僕でも、ここまで「One For All, All For One」が浸透している「チーム」は見たことがないほどです。

院やエリアといった組織上の区分はありますが、そんな垣根を越えて、みんなが支え合っている、支援し合っているという環境があり、それを基盤に、会社が大きく成長していくわけで、全員が「自分自身も成長してあたりまえ」という価値観で、自然と大きくなっていける社風は強いと思います。

さらに言えば、会社が成長すると言うことは、言い換えれば、毎年後輩ができるということ。技術を高める最高の方法は、「教えること」だと思っているんですが、その機会にも事欠かないわけです。そう、「あい・メディカル」は施術家にとって、最高の学びの場でもあることは間違いありません。

ENTRYはこちら

ページの先頭に戻る