大阪市生野区・天王寺区・東成区・中央区・北区・西区・鶴見区・豊中市・東大阪市・茨木市・東京都北区・埼玉県川口市にある接骨院[あいメディカル]

あい・メディカルグル―プ

facebook

BEGINNER GUEST|保険適用と自費施術について

  • HOME
  • BEGINNER GUEST

あい接骨院の施術の考え方は、
急性・亜急性・慢性で異なります。

「あい接骨院の施術は患者様一人一人の状態によってその方法が異なります。」あい接骨院では姿勢や骨格の歪みに着目し施術を行っております。それは現代人の多くの方の身体が歪んでいるからです。
その考え方は、症状がなぜ起きたのか、どんな時に症状があるのか、症状の場所、症状の経過などによって適切な方法を提供しています。
例えば筋肉へのアプローチについても大きく浅層と深層に考え方や施術方法を分けてアプローチすることでより患者様の症状に合わせた施術、早期改善できる方法の実現を図っています。

接骨院のかかり方

接骨院では健康保険が使える症状と施術内容に限度があります。

保険適用

接骨院での、あらかじめ医師の同意を得た骨折、脱臼の施術、急性または亜急性の内科的原因による疾患ではない打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む)の施術は保険適用の対象になります。 また、鍼灸施術の保険適用については医師の同意があれば保険が適用されます。(自費施術は鍼灸師の判断で可能です) 日常で痛みをはじめ症状が出た時は一度ご相談ください。

急性、亜急性
(なぜ症状が出たのか)

急性外傷とはスポーツなどで足首をひねったり、物を持つときに腰が痛くなったりなど、急激な外力により怪我をしたものです。
亜急性外傷とは何かしらの微細な外力が体に蓄積してある日突然痛みを発症する怪我のことで、使い過ぎや使い方の間違いの繰り返しなどで起こります。

  • ■ ねんざ、肉離れなどのケガ
  • ■ 外因的な負傷、繰り返しの外力での痛み
  • ・ひねった・ぶつけた→捻挫・打撲
  • ・突き指やスジ違い→捻挫
  • ・ぎっくり腰・寝違え→腰部捻挫・頚部捻挫
  • ・骨折・脱臼
  • ・スポーツをしていての痛み
  • ・繰り返しによる使い痛み

自費施術

自費施術は健康保険が適用にならず、全額自己負担になる施術で、本来健康保険が適用される施術も含め、すべて全額自己負担となります。

慢性症状

慢性症状とは、「長期間症状が持続する」ということです。

  • ■ 内科的要因による痛みやコリ
  • ■ 筋肉疲労や筋肉痛、単なる肩こり
  • ■ 医師の施術を受診中の箇所への施術
  • ・リウマチ
  • ・関節炎
  • ・脳疾患後遺症
  • ・スポーツ後の疲れ など

※一部、鍼灸施術にて対応しております。また症状によっては医師の同意のもと鍼灸施術での保険制度が適用されるものもございます。

or

健康保険使用のポイント

  • ・接骨院では柔道整復師、はり師、きゅう師といった国家資格保有者が勤務しています。
  • ・柔道整復師は怪我の処置のスペシャリスト、はり師、きゅう師は東洋医学のスペシャリストです。
  • ・マッサージ代わりの疲労回復や慰安を目的としたものは健康保険適用とはなりません
  • ・変形性関節症、五十肩、ヘルニアなどの病名がついた方も一度ご相談ください。
  • ・骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、うちみなどのケガも対応しています。
  • ・医師に施術をしてもらっている場合でも依頼や同意を受けている場合、健康保険適用で施術できることがございます。
  • ・仕事中や通勤途中のケガは労災保険、交通事故によるケガは自賠責保険の適用となります。(どちらの場合も対応可能です)